福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
リビングふくやま 2024年5月17日号|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
福山市のテイクアウトデリバリー最新情報
さかなをたべよう!キャンペーン
リビングカルチャー倶楽部|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com

新着トピックス

 


  ↓facebookはコチラ


このコラムは、山本醫院院長・山本裕先生に伺っています。 | 福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!

裂肛(切れ痔)について

Q 裂肛について教えてください。

 A 裂肛は、「切れ痔・さけ痔」とも呼ばれ、硬い便を無理に出すことや、勢いよく出る下痢などによって、肛門の出口付近の皮膚が切れて起こります。
 裂肛は、急性期と慢性期に分類されます。急性期には、排便時に紙に付く程度の出血と、排便後もしばらく続く痛みが起こります。治療は、便秘や下痢を防ぐとともに、傷を治す座薬の使用など保存療法が基本となります。
 保存療法は、症状を悪化させないように排便習慣や食生活などを改善する「生活療法」が中心になりますが、「薬物療法」も行います。傷の治りを早くする薬剤(組織修復作用のあるもの)や、止血作用のある内服薬、傷口を保護しながら硬化した皮膚を軟らかくする作用のある座薬・軟膏(こう)などを使用します。また、便秘を改善するための緩下剤を併用し、便秘を防ぐような食生活を心掛け、肛門への負担を軽くします。
 慢性期には、数カ月にわたる裂肛のため、深ぼれして潰瘍状になり、皮膚の突起物(見張りイボ)やポリープができたり、肛門が狭くなる「肛門狭窄(きょうさく)」の状態になります。慢性期になると場合により手術が必要になります。手術を必要とするのは、裂肛の患者さんの1割程度です。
 排便後などに痛みがある場合は、肛門に力を入れないようにして、お尻を温めると痛みが和らぎます。
山本裕(ゆたか)先生
 
【この記事の問い合わせ】
山本醫院 福山市引野町北2-8-28
TEL:084(943)2777

※このコラムは、山本醫院院長・山本裕先生に伺っています。
(「リビングふくやま」2023年3月10日号掲載)
COPYRIGHT FUKUYAMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WATARI Developed : Netprompt