福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
リビングふくやま 2017年9月16日号|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
リビングカルチャー倶楽部|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
 

新着トピックス


↑Twitterをフォローしてね


このコラムは、山本醫院院長・山本裕先生に伺っています。|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!

陥入爪の治療について〔2〕ガター法

Q:陥入爪(かんにゅうそう)の治療について、前回8月8日号に引き続き、詳しくお話しください。

 
A: 症状の軽い陥入爪の治療に行う、テープ法について前回お話しましたが、今回は、悪化した陥入爪に対して行う、ガター法についてお話しします。ガターとは、溝(みぞ)という意味で、溝形成法ともいいます。
 
 

Q:具体的な手技は?

A: 軽い局所麻酔をした後、陥入している爪の辺縁の先端から爪の基部まで、爪と軟部組織の間を少しはがして、、爪甲の辺縁に1.5cmほどの塩化ビニール製のチューブを挿入します。ビニールチューブの先端を斜めに切り、縦方向にハサミで切れ目を入れ、この切れ目に陥入している爪の辺縁を入れて、爪の先端をチューブで覆います。これで爪の陥入を解除するとともに、爪甲の先端を延長させる方法です(図)。
 チューブの固定にはアクリル樹脂などを利用します。塩化ビニール製のチューブで爪の辺縁先端を保護することで、炎症を起こすことなく、爪の先端が順調に伸びることによって治癒します。
 この方法は肉芽形成を伴っているときにも有用です。また、この治療法は、爪を切らないので爪が狭くならず、麻酔が少量で済み、比較的簡単に施行できるのが特長です。痛みも速やかに軽減します。
 
山本裕(ゆたか)先生
 
【この記事の問い合わせ】
山本醫院 福山市引野町北2-8-28
TEL:084(943)2777

※このコラムは、山本醫院院長・山本裕先生に伺っています。
(「リビングふくやま」2015年9月12日号掲載)
COPYRIGHT FUKUYAMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt