福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
リビングふくやま 2017年4月29日号|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
※5月6日付号は休みます。次回発行は5月13日号(ネット新聞は11日アップ)です

リビングカルチャー倶楽部|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
 

新着トピックス


↑Twitterをフォローしてね


このコラムは、毎月2回、私たちの大切な歯について、土屋歯科医院理事長・土屋浩昭先生に伺っています。|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!

土屋先生の噛めるはな歯(し) vol.104

Q:祖父の介護が必要となり、口腔(こうくう)ケアをしています。歯がぐらぐらしていて歯磨きのたびに痛そうですが、どうすればいいですか。

 

A: 口腔内のトラブルは、ケアをしっかり行い、不具合を治療することで改善できます。口腔ケアは、命をおびやかす危険がある誤嚥(ごえん)性肺炎の予防につながるだけでなく、心理面への影響も大きく、高齢者の生活の質を向上させる大きな鍵を握っています。歯がぐらぐらしたまま口腔ケアを続けると、痛みがあるために口腔ケアを嫌がり、協力を得られなくなることがあります。
 まずは歯を指で押さえながら柔らかい歯ブラシで優しく磨いてみてください。状態にもよりますが歯がぐらぐらして痛みがある場合、抜歯の必要があるかもしれません。 抜歯をするには全身の状態を十分に評価しなければなりませんし、抜いた後は治療をする必要があります。訪問診療を行っている歯科医院に相談してみてください。
土屋浩昭先生
 
【この記事の問い合わせ】
土屋歯科医院 御船町1-12-6
TEL:084(931)5701

※このコラムは、私たちの大切な歯について、土屋歯科医院理事長・土屋浩昭先生に伺っています。毎月2回掲載。
(「リビングふくやま」2013年3月9日号掲載)
COPYRIGHT FUKUYAMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt