福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
リビングふくやま 2017年8月26日号|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
リビングカルチャー倶楽部|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
 

新着トピックス


↑Twitterをフォローしてね


このコラムは、山本醫院院長・山本裕先生に伺っています。|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!

日帰り手術について〔2〕



Q:日帰り手術の利点と欠点について教えてください。

 
A:日帰り手術の利点は、文字通り、入院しないで手術を受けたその日に帰宅できることで、介護や育児、仕事を休めない方でも、きちんと病気を治すことができます。日帰りするためには、手術後に麻酔から早くさめ、体への負担が最低限で済む手術を行う必要があります。
 麻酔法は、局所麻酔や速やかにさめる静脈麻酔などが選択され、手術法も下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)に対するレーザー治療や、選択的ストリッピング手術と極小の創による瘤切除術、鼠径(そけい)ヘルニアのメッシュ法、内痔(じ)核に対する注射療法(ALTA注)など、最先端の医用器材を用いての熟達した技術が必須条件になります。
 また、高齢者の方などでは、手術後のベッドでの安静が不要なため足腰が急速に衰えることもなく、その上長期臥床(がしょう)による深部静脈血栓症などの重篤な合併症が起きる確率も低くなります。
 入院しないということが、逆に不利になることもあります。例えば、心臓や肺などに重大な病気を抱えている方などは、手術後の一定の観察期間で問題ないと判断され帰宅した後に、心臓や肺疾患の症状が出た時、診断や初期治療が遅れて症状が増悪してしまう危険性があります。
 医療で最も大事なことは、安全性です。安全に手術を受け、無事に完治して初めて治療した意味があるので、少しでも危険性がある場合には、日帰り手術の適応から外れることになります。
 また、手術を受けた際に家事などから離れ、ゆっくり養生したい方には不向きかもしれません。
山本裕先生 | リビングふくやま2012年2月11日号
山本裕(ゆたか)先生
【この記事の問い合わせ】
山本醫院 福山市引野町北2-8-28
TEL:084(943)2777

※このコラムは、山本醫院院長・山本裕先生に伺っています。
(「リビングふくやま」2012年2月11日号掲載)
COPYRIGHT FUKUYAMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt