福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
リビングふくやま 2017年10月14日号|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
リビングカルチャー倶楽部|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
 

新着トピックス


↑Twitterをフォローしてね


このコラムは、私たちの大切な歯について、土屋歯科医院理事長・土屋浩昭先生に伺っています。|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!

土屋先生の噛めるはな歯(し) vol.95

Q:前回(10月13日号)に続き、合わない入れ歯の弊害について伺います。

 
A:入れ歯が合わず、痛みがあったり、外れやすかったりすると、食事がうまくできません。食は健康の源です。合わない入れ歯は、“食の楽しみ”を奪うばかりでなく、食が細くなることでエネルギーが不足し、体力や免疫力も低下します。
 また、入れ歯による痛みや不快感から、食べたり話したりすることに苦痛を感じ、口を使わなくなると、口腔(くう)機能が低下します。
 ある調査では、入れ歯が必要なのに外したまま生活すると、身体的にも精神的にも健康状態が悪化すると報告されています。また、入れ歯をつけているときは歩幅や歩行リズムが安定しますが、入れ歯を外すと踏ん張りがきかず、つまずきやすくなるともいわれます。
 ご高齢で通院が困難な場合でも、往診で入れ歯の調整、新しい入れ歯の作製も可能です。かかりつけの歯科医院に相談してみてください。
土屋浩昭先生 | リビングふくやま2012年10月27日号
土屋浩昭先生
【この記事の問い合わせ】
土屋歯科医院 御船町1-12-6
TEL:084(931)5701

※このコラムは、私たちの大切な歯について、土屋歯科医院理事長・土屋浩昭先生に伺っています。毎月2回掲載。
(「リビングふくやま」2012年10月27日号掲載)
COPYRIGHT FUKUYAMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt