福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
リビングふくやま 2018年9月22日号|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
※9月29日号は休みます。次回発行は10月6日号(ネット新聞は4日アップ)です

リビングカルチャー倶楽部|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
 

新着トピックス


↑Twitterをフォローしてね


このコラムは、毎月2回、私たちの大切な歯について、土屋歯科医院理事長・土屋浩昭先生に伺っています。|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!

土屋先生の噛めるはな歯(し) vol.221

Q:前回(2月10日号)では、高齢者に多くみられる摂食・嚥下(えんげ)障害についてお話を聞きました。今回は、これらの障害に対するリハビリテーション(以下リハビリ)について伺います。

 
 
A: 摂食・嚥下障害に対しては、日頃からリハビリを行うことが重要です。まず、リハビリが行えるかどうかのチェック項目として、「意識がはっきりしていること」「体調が良いこと」「意思疎通ができること」が挙げられます。その他、「唾液量が正常であること」「食べたい意思があること」も大切。唾液量が多過ぎる人・少な過ぎる人や、食べる意思が少ない人は、歯が痛かったり、お口の中に汚れがたまっているなど、口腔環境が不良な場合があるため、歯科医師に診察を受けることをお勧めします。
 近年では、当院をはじめ、多くの歯科医院で訪問診療を行なっています。ご高齢などで通院にお困りの場合は、かかりつけの歯科医院へ相談をしてみてください。
 

 

土屋浩昭先生
 
【この記事の問い合わせ】
土屋歯科医院 御船町1-12-6
TEL:084(931)5701

※このコラムは、私たちの大切な歯について、土屋歯科医院理事長・土屋浩昭先生に伺っています。毎月2回掲載。
(「リビングふくやま」2018年2月24日号掲載)
COPYRIGHT FUKUYAMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WATARI Developed : Netprompt