福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
リビングふくやま 2017年12月16日号|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
※次回発行は12月27日号(ネット新聞は27日アップ)です

リビングカルチャー倶楽部|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
 

新着トピックス


↑Twitterをフォローしてね


1月20日(土)実施。写真家・阿部信夫さんと行く リビング花の旅バスツアー「荒神谷ハス池&一畑薬師」|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!
 

「淡路島水仙郷と奇跡の星の植物館」

 1月20日(土)実施  写真家・阿部信夫さんが同行します

旅行企画・実施/鞆鉄道  企画/福山リビング新聞社

色とりどりの花が迎えてくれる「奇跡の星の
植物館」。 ※写真はイメージ
灘黒岩水仙郷。運動靴など、歩きやすい靴が
オススメです。 ※写真はイメージ
 
阿部信夫さん
 2018年第1弾の「リビング花の旅バスツアー」は、淡路島への旅です。
 当日はまず、瀬戸大橋・大鳴門橋を渡って、淡路島南部の「灘黒岩水仙郷」へ。約180年前に付近の漁民が海岸に漂着した球根を植えたのが始まりとされ、今では約7haに500万本の野生のニホンスイセンが咲き誇る群生地です。昼食後は、自然の美しさ、素晴らしさ、不思議さを五感で体験できる淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」へ。室内だから寒さを感じることなく花や緑を観賞できますよ。帰途は、明石海峡大橋経由。瀬戸内をぐるりと巡るコースです。
 今回のツアーには、リビングカルチャー倶楽部(くらぶ)講師で写真家の阿部信夫さんが同行します。美しい風景や花々、旅の思い出などを、印象的に撮影するコツを教えてもらえますよ。カメラや携帯・スマホ持参でどうぞ(カメラなしでの参加もOKです)。
 
昼食は、メディアでもよく紹介されている
「道の駅うずしお」の人気レストランで、
「うずしお海鮮田舎寿司(ずし)」を
 

◆ツアーのポイント◆

●写真家が同行…実際に写真を写すシーンで、アドバイスしてもらえるのはもちろん、バスの中でも、写真やカメラについてレクチャー
●日本三大群生地の一つ「灘黒岩水仙郷」…付近一帯が甘く優しい香りに包まれています
●日本最大級の植物館…約6700平方メートルの温室に、乾燥地の多肉植物、熱帯の植物、温帯性の植物、高山植物等、約3000種3万株の多様な植物を展示。ツアー当日は、特別展「淡路夢舞台ラン展2018」の初日。1000平方メートルの空間を1万株のランが彩る豪華な庭をはじめ、珍しく貴重なランが勢ぞろいします
 

【実施要項】

鞆鉄道は「貸切バス事業者
安全性評価認定制度」で、
三つ星認定を受けています
■実施日 1月20日(土)
■定員 40人(最少催行30人)
■旅行代金 1人1万1800円(入園料・昼食代・保険料込み)
■行程 JR福山駅北口7:30出発→広尾バス停→福山東IC→鴻ノ池SA→淡路島南PA→淡路三原IC→灘黒岩水仙郷(観光)→道の駅うずしお(昼食)→淡路島南IC→津名一宮IC→たこせんべいの里(買い物)→津名一宮IC→東浦IC→奇跡の星の植物館(見学)→淡路IC→龍野西SA→福山東IC→広尾バス停→JR福山駅北口19:00ごろ帰着予定
■添乗員 鞆鉄道の社員が案内します
■旅行企画・実施・利用バス会社 鞆鉄道(株)(広島県知事登録旅行業2-84号、総合旅行業務取扱管理者・細谷淳)
 

【申し込み】
TEL:084(952)3701 トモテツバス予約センター「淡路島」係

 
10:00〜18:00受け付け
 
(「リビングふくやま」2017年11月25日号)
COPYRIGHT FUKUYAMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt