福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
リビングふくやま 2017年7月22日号|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
※7月29日付号は休みます。次回発行は8月5日号(ネット新聞は3日アップ)です

リビングカルチャー倶楽部|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
 

新着トピックス


↑Twitterをフォローしてね


このコラムは、毎月2回、私たちの大切な歯について、土屋歯科医院理事長・土屋浩昭先生に伺っています。|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!

土屋先生の噛めるはな歯(し) vol.206

Q:前回(6月24日号)に続き、悪習癖の一つ、舌癖(ぜつへき)による歯への影響について伺います。

 
A: 上下の歯の間に舌を挟んだり、飲み込む時に舌を突き出したりすることを、舌癖といいます。 舌癖があると、舌が内側から歯を押す力が外側から押さえる唇や頬の筋肉の力よりも強くなり、歯並びに悪影響を及ぼすだけでなく、サ行、タ行、ナ行、ラ行が舌たらずな発音になることもあります。
 また舌癖とは少し異なりますが、普段、口で呼吸をしていると上顎へ舌圧がかからないため、上顎の歯が内側に倒れこみ、噛み合わせが悪くなる場合もあります。
 幼少期の成長発育段階では、歯の生え変わりによる違和感から舌をもてあそんだりすることもあるため、より注意をする必要があります。
 次回は、成人で見られることも多い態癖(たいへき)についてお話しします。
 

 

土屋浩昭先生
 
【この記事の問い合わせ】
土屋歯科医院 御船町1-12-6
TEL:084(931)5701

※このコラムは、私たちの大切な歯について、土屋歯科医院理事長・土屋浩昭先生に伺っています。毎月2回掲載。
(「リビングふくやま」2017年7月8日号掲載)
COPYRIGHT FUKUYAMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt