福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
リビングふくやま 2017年11月18日号|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
リビングカルチャー倶楽部|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
 

新着トピックス


↑Twitterをフォローしてね


このコラムは、山本醫院院長・山本裕先生に伺っています。|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!

便秘と痔

Q:便秘と痔(じ)は関係がありますか。

A: 便秘は痔の大敵です。便秘が続くと便が硬くなり、排便時の息みで肛門の静脈に圧力がかかってうっ血を起こしたり、肛門の粘膜を傷つけたりします。また、小さな傷でも菌が入り込み、炎症を起こしやすくなります。痔の改善や予防には、便通を整えることが大切です。
 便秘には、大腸の働きが弱くなって腸の中に便が長い時間留まるために起こる弛緩(しかん)性便秘と、逆に強く働き過ぎるために腸が痙攣(けいれん)して便の輸送に障害が起こる痙攣性便秘とがあるので、自分がどちらのタイプか知ることも大切です。
 最近は、食物繊維の摂取量の低下に伴って便秘になる人が増えています。予防や改善のためには食物繊維が大切ですが、日本人に多い弛緩性便秘の場合には、便のかさを増して腸の運動を活発にし、便通を促進する不溶性食物繊維を取ることが大切です。不溶性食物繊維が豊富なのは、豆類や穀物、おからや、エリンギ・シメジなどのキノコ類、ごぼうやさつまいもといった根菜類などが挙げられます。また、こんにゃくや海藻類のように、水分を吸収して便を軟らかくする水溶性食物繊維が多いものや、牛乳、乳製品、スパイス類に加えて油脂もやや多めにとるようにします。逆に緊張性便秘の場合は、繊維質の食品を避けて、野菜類も軟らかく煮たり、スープにしたりして取るようにします。また水分不足も便秘の原因になるので、水もたくさん飲みましょう。腸の調子を整えるヨーグルトはどちらのタイプの便秘にもお勧めです。そして、規則正しい食事と定期的な排便習慣を心掛けることが大切です。
 
山本裕(ゆたか)先生
 
【この記事の問い合わせ】
山本醫院 福山市引野町北2-8-28
TEL:084(943)2777

※このコラムは、山本醫院院長・山本裕先生に伺っています。
(「リビングふくやま」2017年6月10日号掲載)
COPYRIGHT FUKUYAMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt