福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
リビングふくやま 2017年5月27日号|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
リビングカルチャー倶楽部|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
 

新着トピックス


↑Twitterをフォローしてね


このコラムは、毎月2回、私たちの大切な歯について、土屋歯科医院理事長・土屋浩昭先生に伺っています。|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!

土屋先生の噛めるはな歯(し) vol.203

Q:子どもの成長発育期に、噛(か)み合わせの異常が起こることもあると聞きました。これについて、教えてください。

 
A: 成長期における噛み合わせ(咬合=こうごう)の異常は、早い時期に治療することで、永久歯の歯並びや顎(あご)の骨への影響を軽減できる場合があります。
 それは、頬杖(づえ)や爪を噛むなどの悪い習慣(悪習癖)によって咬合の“ずれ”が起きている場合です。
 正常な発育範囲から外れ始めた咬合の異常は、初めはわずかであっても、そのまま放置していると、子どもの体の成長とともに正常な範囲からの“ずれ”が大きくなり、悪化していくことがあります。この“ずれ”の原因は悪習癖以外にも、遺伝的な要因など不可避な場合もありますので、かかりつけの歯科医院で早めに診てもらうことをお勧めします。
 次回は、悪習癖の種類についてお話しします。
 

 

土屋浩昭先生
 
【この記事の問い合わせ】
土屋歯科医院 御船町1-12-6
TEL:084(931)5701

※このコラムは、私たちの大切な歯について、土屋歯科医院理事長・土屋浩昭先生に伺っています。毎月2回掲載。
(「リビングふくやま」2017年5月13日号掲載)
COPYRIGHT FUKUYAMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt