福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
リビングふくやま 2017年4月29日号|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
※5月6日付号は休みます。次回発行は5月13日号(ネット新聞は11日アップ)です

リビングカルチャー倶楽部|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
 

新着トピックス


↑Twitterをフォローしてね


このコラムは、毎月2回、私たちの大切な歯について、土屋歯科医院理事長・土屋浩昭先生に伺っています。|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!

土屋先生の噛めるはな歯(し) vol.194

Q:前回(12月10日号)に続き、審美歯科について伺います。今回のテーマは、「ラミネートべニア」。

 
A: ラミネートベニアとは、歯の表面を一層削り、二ケイ酸リチウムやセラミックなどの白くてきれいな材料を貼り付けることで、色合いや形態を修復する方法です。
 過度に変色した歯や、いわゆる“すきっ歯”などの見た目が良くない歯の審美性を回復したい時に用いられます。最大の利点は、歯を薄く削るだけで審美性を回復できることです。歯を大きく削ったり、歯の神経を取ることなく、歯の審美性を回復できます。最近では接着技術が向上し、よりきれいにしっかりと接着することが可能となり、ラミネートべニアの適応範囲も広がりました。
 しかし、歯ぎしりが強い方や噛み合わせによっては外れたり、欠けたりすることがあるため、治療前にお口の中全体の診査・診断が必要となります。ご興味がある方は、かかりつけの歯科医院で相談してみてください。
 

 

土屋浩昭先生
 
【この記事の問い合わせ】
土屋歯科医院 御船町1-12-6
TEL:084(931)5701

※このコラムは、私たちの大切な歯について、土屋歯科医院理事長・土屋浩昭先生に伺っています。毎月2回掲載。
(「リビングふくやま」2016年12月17日号掲載)
COPYRIGHT FUKUYAMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt