福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
リビングふくやま 2017年10月14日号|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
リビングカルチャー倶楽部|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
 

新着トピックス


↑Twitterをフォローしてね


このコラムは、山本醫院院長・山本裕先生に伺っています。|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!

鼠径ヘルニアを放置すると?

Q:鼠径(そけい)へルニアを放置するとどうなりますか。

A: 小児の鼠径ヘルニアの一部は、自然治癒することもありますが、成人の鼠径ヘルニアは、自然に治ることはありません。また、薬や安静などの保存療法でも治ることはなく、腹筋などの運動療法も無効です。鼠径ヘルニアを治すには、手術療法しかありません。  ヘルニアバンド(脱腸帯)による保存療法は古くから行われていますが、効果が不確実な上に、皮膚障害や精巣萎縮などを招く恐れもあり、極めて特殊な場合以外は、推奨されません。
 鼠径ヘルニアは良性の病気ではありますが、放置すると飛び出した部分が元に戻らなくなる嵌頓(かんとん)状態に陥ることがあり、緊急手術が必要になる場合もあります。嵌頓が疑われる症状は、膨らみが戻らない、いつもより硬い、皮膚が赤くなっている、痛みがどんどん強くなる、吐き気や嘔吐(おうと)を伴う─などです。 
 嵌頓を放置すると、腸閉塞(へいそく)から腸の壊死(えし)、腸穿孔(せんこう)から敗血症と呼ばれる重篤な状態に進行し、命に関わることになります。鼠径ヘルニアの手術は、このような嵌頓から起こる最悪の事態を未然に防ぐために行うと言っても過言ではありません。最近では日帰り手術も可能となっており、時期を選び、早めに治療を受けられることをお勧めします。
 
 
山本裕(ゆたか)先生
 
【この記事の問い合わせ】
山本醫院 福山市引野町北2-8-28
TEL:084(943)2777

※このコラムは、山本醫院院長・山本裕先生に伺っています。
(「リビングふくやま」2016年6月11日号掲載)
COPYRIGHT FUKUYAMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt