福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
リビングふくやま 2017年8月19日号|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
リビングカルチャー倶楽部|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
 

新着トピックス


↑Twitterをフォローしてね


このコラムは、山本醫院院長・山本裕先生に伺っています。|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!

鼠径ヘルニアの日帰り手術について

Q:鼠径(そけい)ヘルニアとはどんな病気ですか。

A: 下腹部の足の付け根に近い鼠径部と呼ばれる部分に、腸などの一部が筋肉のすき間から皮膚の下に飛び出してくる病気で、一般には脱腸とも呼ばれています。
 原因は、先天的に腹壁と呼ばれる筋肉等でできた壁がふさがらなくて、そのすき間から出る場合と、後天的に筋肉が緩んでできたすき間から出てしまう場合があります。
 
腹部と大腿の境が膨れた「鼠径ヘルニア」
 

Q:どんな治療法がありますか。

A: 1歳を過ぎると自然治癒は望めなく、手術しか治す方法はありません。小児の手術では、ヘルニア嚢(のう)と呼ばれる袋状に飛び出た部分(腹膜)を切り取り縫合閉鎖するだけのこともあります。大人の手術は、腸などが飛び出した筋肉のすき間(ヘルニア門)を、人工の膜(メッシュ)でふさぐのが一般的です。
 

Q:手術後の通院は必要ですか。

A: 手術は日帰りでできますか。
 

Q:手術後、仕事などへの復帰は、いつごろからできるのでしょうか。

A: 小児は全身麻酔で手術を行うため、短期間の入院が必要になります。大人では、麻酔法の工夫などで、日帰り手術が可能です。
 ただ、心臓や肺などに重い病気を抱えた人は、入院の上、周術期の緊急事態に備えることが必要です。近年は腹腔(ふくくう)鏡を使って手術をする方法が増えていますが、基本的に入院が必要となります。
 
山本裕(ゆたか)先生
 
【この記事の問い合わせ】
山本醫院 福山市引野町北2-8-28
TEL:084(943)2777

※このコラムは、山本醫院院長・山本裕先生に伺っています。
(「リビングふくやま」2014年5月16日号掲載)
COPYRIGHT FUKUYAMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt