福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
リビングふくやま 2017年7月22日号|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
※7月29日付号は休みます。次回発行は8月5日号(ネット新聞は3日アップ)です

リビングカルチャー倶楽部|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
 

新着トピックス


↑Twitterをフォローしてね


このコラムは、山本醫院院長・山本裕先生に伺っています。|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!

便秘のタイプと特徴について

Q:便秘には、いろいろなタイプがあるそうですが、それぞれの特徴を教えてください。

 
A: 一般に便通は24時間ないし、48時間に1、2回規則正しくあるのが普通で、便秘の場合は排便が3日から数日に1回ということが多くなります。3日以上排便がない状態、または、毎日排便があっても残便感がある状態を“便秘”と定義している学会もあります。
 便秘はその原因から、「続発性便秘」と「特発性便秘」の2つに大別されます。続発性便秘は、大腸がんや甲状腺機能低下症などの病気や、抗コリン薬など、薬剤の副作用が原因となり、「器質性便秘」とも呼ばれています。これらが疑われる場合には、大腸内視鏡検査や血液検査を行って、病気を見逃さないようにしなければなりません。
 便秘を訴える患者の多くは特発性便秘で、弛(し)緩性、直腸性、過敏性腸症候群(IBS)の3つのタイプがあります。それぞれ治療法が異なるため、注意が必要です。弛緩性は、大腸の蠕(ぜん)動運動が弱く、便の進みが鈍化するため、排便回数が少なく、便が硬いのが特徴です。直腸性は、大腸は順当に通過するものの直腸で便が停滞、便意は毎日ありますが排出困難、または少量しか出ず、残便感があります。IBSは、腸が知覚過敏によって起こることが多く、便秘型、下痢型、その両方を繰り返す混合型があります。
 便秘の治療にはよく下剤を使いますが、種類によっては逆効果になり、苦しむことになるので、まずタイプを見極めることが大切です。ただし実際には複数の要因が集まって起こることも多く、2種類の治療を並行する場合もあります。

 

 
山本裕(ゆたか)先生
 
【この記事の問い合わせ】
山本醫院 福山市引野町北2-8-28
TEL:084(943)2777

※このコラムは、山本醫院院長・山本裕先生に伺っています。
(「リビングふくやま」2014年11月15日号掲載)
COPYRIGHT FUKUYAMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt