福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
リビングふくやま 2017年4月29日号|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
※5月6日付号は休みます。次回発行は5月13日号(ネット新聞は11日アップ)です

リビングカルチャー倶楽部|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
 

新着トピックス


↑Twitterをフォローしてね


このコラムは、山本醫院院長・山本裕先生に伺っています。|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!

鼠径ヘルニアの治療について

Q:脚の付け根が膨れてきて、病院で診察を受けると、鼠径(そけい)ヘルニアと診断されました。手術しか治す方法はないのでしょうか。詳しく教えてください。

 
A: 残念ながら現在の医療では、手術以外に治す方法はありません。脱腸帯と呼ばれる、皮膚の上からヘルニア部分を圧迫する器具もありますが、圧迫部がずれるなど、かえって危険なことがあります。
 
腹部と大腿の境が膨れた「鼠径ヘルニア」
 

Q:放置しておくとどうなりますか。

A: 次第に大きくなります。腹圧がかかることにより、腸などがおなかの壁に開いた穴から押し出されて出てくる(脱腸)のがヘルニアの病態ですが、日常生活を送る中で腹圧を避けることはできません。
 

Q:手術の方法を教えてください。

A: 簡単にいうと、鼠径部の皮膚を切開して、脱出した腸などの内臓を腹腔(ふくくう)内の元の位置に戻して、腹壁に開いた穴をふさぎます。この穴をふさぐシートが、より違和感の少ないソフトで丈夫な材質に改良が重ねられています。
 また、最近では腹腔鏡下ヘルニア修復術も増えてきています。鼠径部から少し離れた腹壁に、ポートと呼ばれる小さな孔(あな)を開け、腹腔鏡という内視鏡で観察しながら、鉗子(かんし)という細い器具を用いて手術を行う方法です。
 
山本裕(ゆたか)先生
 
【この記事の問い合わせ】
山本醫院 福山市引野町北2-8-28
TEL:084(943)2777

※このコラムは、山本醫院院長・山本裕先生に伺っています。
(「リビングふくやま」2014年8月9日号掲載)
COPYRIGHT FUKUYAMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt