福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
リビングふくやま 2017年7月22日号|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
※7月29日付号は休みます。次回発行は8月5日号(ネット新聞は3日アップ)です

リビングカルチャー倶楽部|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
 

新着トピックス


↑Twitterをフォローしてね


このコラムは、山本醫院院長・山本裕先生に伺っています。|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!

女性と痔(便秘と妊娠・出産)

Q:便秘や痔(じ)に悩む女性が多くいます。女性と痔について教えてください。

A: 痔は一般的に、男性に多い病気と思われがちですが、実際は女性にも多く見られます。女性が痔になりやすい要因としては、痔の最大の原因である便秘症が女性によく見られることと、妊娠・出産という女性特有の大事業がかかわっているといったことが挙げられます。
 女性が便秘しやすいのは、仕事中や外出中の便意を我慢しがちになること。また、ダイエットすることが多いので、食事の量が減って便秘になりやすくなります。
 そのほか、生理前には、ホルモンの作用で腸の運動が弱くなることなども理由の一つです。便秘症になった女性が硬い便をいきんで無理に出そうとして、裂肛(れっこう)になるケースも少なくありません。
 妊娠により大きくなったおなかは、下腹部の圧力を高め、自然に肛門に負担が掛かり肛門がうっ血しやすくなります。大きくなった子宮が直腸を圧迫するために、肛門や直腸周辺に集中している細かい静脈がうっ血し、痔になりやすくなるわけです。
 さらに出産時は、排便するとき以上にいきむ必要があり、排便時の何倍もの力がお尻に掛かるため、腹圧によって肛門が脱出し、痔になることもあります。また、もともと痔の症状があった人が悪化することもあります。
 出産後には、赤ちゃんに母乳を与えるために水分が不足して便が硬くなるので、排便のときに肛門が傷つき、痔を発症しやすくなります。
 
山本裕(ゆたか)先生
 
【この記事の問い合わせ】
山本醫院 福山市引野町北2-8-28
TEL:084(943)2777

※このコラムは、山本醫院院長・山本裕先生に伺っています。
(「リビングふくやま」2014年5月17日号掲載)
COPYRIGHT FUKUYAMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt