福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
リビングふくやま 2017年8月19日号|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
リビングカルチャー倶楽部|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
 

新着トピックス


↑Twitterをフォローしてね


このコラムは、毎月2回、私たちの大切な歯について、土屋歯科医院理事長・土屋浩昭先生に伺っています。|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!

土屋先生の噛めるはな歯(し) vol.105

Q:祖母の食事の介助をしているのですが歯がぐらぐらしていて、食事のたびに痛そうです。何か工夫することは?

 

A: 高齢に伴い介護が必要になると、運動機能とともに咀嚼(そしゃく)機能(=噛むこと)も低下することが知られています。咀嚼にはたくさんの効果があります。噛むことで分泌されるだ液には、食べ物の残りかすや細菌を洗い流し、口の中をきれいにする効果もあり、むし歯や口臭の予防にもつながります。
 また、噛むことは筋肉や舌などを意識的・反射的に反応させ、脳や体に刺激を与えるので、脳の老化を防ぎ、運動機能を高めます。顎(あご)を動かすことが脳への血の循環を促進することも、MRIを用いた実験で確認されています。何よりも、食事をおいしく味わうことは、楽しい人生を送り、全身の健康状態を維持・回復することにつながります。歯がぐらぐらしているのは治療の必要がありますので、歯科医院に相談してみてください。
土屋浩昭先生
 
【この記事の問い合わせ】
土屋歯科医院 御船町1-12-6
TEL:084(931)5701

※このコラムは、私たちの大切な歯について、土屋歯科医院理事長・土屋浩昭先生に伺っています。毎月2回掲載。
(「リビングふくやま」2013年3月23日号掲載)
COPYRIGHT FUKUYAMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt