福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
リビングふくやま 2017年9月23日号|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
※9月30日付号は休みます。次回発行は10月7日号(ネット新聞は5日アップ)です

リビングカルチャー倶楽部|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!|リビングふくやま.com
 

新着トピックス


↑Twitterをフォローしてね


このコラムは、山本醫院院長・山本裕先生に伺っています。|福山リビング新聞社が運営する女性のための生活情報サイト 福山のイベント・グルメ・エンタメ・お出かけ情報満載!

下肢静脈瘤のレーザー治療について

Q:レーザー治療は、どんな静脈瘤(りゅう)にも行えるのですか。

 
下肢静脈瘤のレーザー治療
A:レーザーによる治療が適応となるのは、一次性の伏在型静脈瘤です。一次性静脈瘤は表在静脈の弁不全が原因で起こり、静脈瘤が生じる部位や形態により伏在静脈瘤・側枝静脈瘤・網目状静脈瘤・クモの巣静脈瘤に分類されます。ちなみに二次性静脈瘤は深部静脈の還流障害などによって生じるため、伏在静脈の手術やレーザー治療は禁忌になっています。
 昨年保険適用になった下肢静脈瘤治療用のレーザーは、血管内でレーザーを照射して弁が壊れた静脈をふさいで血流を遮断することにより、下肢静脈瘤を消失させるという、血管内レーザー焼灼(しょうしゃく)術に使用されます。
 下肢の静脈は、下腿(かたい)の筋肉が収縮することで生じるポンプ作用により、血液を心臓側に重力に逆らって押し上げていますが、血管内に弁が多数あり、逆流しないようになっています。この弁が機能せず、静脈血が逆流して静脈圧が高くなり血管が拡張、蛇行してできるのが下肢静脈瘤です。
 痛み、だるさ、こむら返りなどの症状を伴うことがあり、放置すると下腿に色素沈着を起こしたり、潰瘍(かいよう)を形成することもあります。
山本裕先生 | リビングふくやま2012年11月10日号
山本裕(ゆたか)先生
【この記事の問い合わせ】
山本醫院 福山市引野町北2-8-28
TEL:084(943)2777

※このコラムは、山本醫院院長・山本裕先生に伺っています。
(「リビングふくやま」2012年10月13日号掲載)
COPYRIGHT FUKUYAMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt